ごあいさつ

この度、第56回日本糖尿病学会九州地方会を、2018年10月12日(金)・13日(土)に福岡市の「福岡国際会議場」におきまして開催させていただくこととなりました。糖尿病診療に関わる多職種が一同に会する九州・沖縄地域最大の学会を担当させていただくこと、大変光栄に存じます。

近年、高齢糖尿病患者の増加が年々、顕著になりつつあります。それに伴い、認知症、癌、骨粗鬆症、フレイル、サルコペニアなど様々な病態が、糖尿病に関連する病態と位置づけられるようになり、糖代謝と関連した成因解明の研究や対策が議論されるようになってまいりました。そこで、本学会では、「STOP!合併症」というテーマを掲げ、様々な角度から糖尿病診療や療養指導・教育・啓発活動の最新の流れを共有する場にしたいと考えております。

本会におきましても 一般演題、特別講演、教育講演、シンポジウムを企画しております。つきましては一般演題募集要項を同封致しますので、奮って先生方とメディカルスタッフの皆様からの演題登録を賜りますよう お願い申し上げます。

また、糖尿病専門医単位取得講座については、金曜日と土曜日の両日の特別講演を指定演題とさせて戴く予定でございます。

開催時期は季節も良く、食べ物もおいしい時期でございますので福岡を十二分に満喫して戴けるものと存じます。

多数の先生方とメディカルスタッフの皆様のご参加をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

2017年11月吉日

第56回日本糖尿病学会九州地方会
会長 柳瀬 敏彦
福岡大学医学部 内分泌・糖尿病内科

第56回日本糖尿病学会九州地方会